2012年02月29日

Mk18 製作日記 その27

こんばんは、どやどやです

今日は無茶なことして疲れ果ててますface04

気になっていたバレルのここ





フランジ厚が3mmなのでこれを薄くしてみるとどうなるかという実験です。





ちょっとわかりにくいですが余計なところを傷つけないように黒のガムテ巻いてます





そして、やすりでひたむきに心を無にして削ります!!
ちゃんとノギスで厚みは測りながらやってますよicon10

おおまかに削れたらあとは細い角やすりで調整&整形していきます









手作業にしてはきれいにできたかなと自画自賛icon22
1.7mmまで薄くしています。1.7mmという理由は特にありませんface03
疲れがピークにきたので実験だしこれくらいでいいだろうというアバウトな判断ですicon10

削った跡はブラックスチールでごまかしてます。









今回、使った道具です。マスキングテープは削り始めと終わりのマーキング用です。

で、実験結果ですが・・・





後ろ側は赤い線の幅が1.3mmまでとほぼ実銃と同じくらいまでなりました
使用しているバレルナットは実物です。

前が・・・





赤い矢印のところが1.7mmくらい空いてRISのぐらつきが大きくなりましたface07
実験前の画像を撮り忘れていたんですがほぼRISとぴったりくらいだったんで
とりあえずスペーサー10枚(笑)入れてごまかしてますが、強度的に何か不安なんで
今度、新しいのを買おう!まだ狐さんにあったはず

結果、Primeのバレルはサイトピン位置からフロントキャップの段差の位置もフランジ厚に
合わせて作ってあると・・・三角サイトにフロントキャップを使うRIS・RASの場合
フランジ厚は変に弄らない方が良さそうです。
勉強になりました!

あ~疲れたicon15

最後までお読みいただきありがとうございました!






同じカテゴリー(WAM4)の記事画像
Mk18 製作日記 その30
Beta P-MAGまた問題
Mk18 製作日記 その29
Mk18製作日記 その28
Mk18 製作日記 その26
今更 Beta P-MAG調整
同じカテゴリー(WAM4)の記事
 Mk18 製作日記 その30 (2012-03-23 23:17)
 Beta P-MAGまた問題 (2012-03-11 19:52)
 Mk18 製作日記 その29 (2012-03-09 18:47)
 Mk18製作日記 その28 (2012-03-03 03:45)
 Mk18 製作日記 その26 (2012-02-24 18:28)
 今更 Beta P-MAG調整 (2012-02-17 22:27)

Posted by どやどや  at 21:39 │Comments(2)WAM4

この記事へのコメント
はじめましてエアランドと申します

私もGBB AR15系を色々くんでおりまして、2年前バレルでは同じ問題に苦しんでおり、調べながら図面作成しました。

ショルダーを削る場合は寸法確認してから行ったほうがよいかと思います。
寸法についてはインチで実のショルダー厚は民生規格で0.125軍用で0.129~0.137となります。
軍用規格は米軍の知り合いからラボにきいてもらった数値です

肝心のショルダーからガスブロック段差部分まではカービンで6.75ミッドで8.75となります
行き着けのエアボーンで私の図面でバレル製作してもらっていますので機会があれば見せてもらうと良いかと思います
下記サイトで所有の写真アップしておりますのでもしよろしければみてもらえればと思います。

http://photozou.jp/photo/list/1310380/3423663/?page=8
http://photozou.jp/photo/list/1310380/3423663/?page=11

7~8ページと11ページと22ページなどアップの都合上色々点在しておりますので時間のある時に見てみてください、ただし新たにアップしますとずれていきますのであしからずです。
Posted by エアランド at 2012年03月01日 17:35
エアランドさま
おはようございます

昨晩、ばらしてショルダーからガスブロック段差までは
172mmでした。素人計測なので正確ではないかもしれませんが6.75inchは171.45mmなので、この0.55mmを詰めていかないと
と考えると、新しいバレルを購入するしか思い浮かばないです(汗)
というか実のショルダー厚も3mmくらいなんですね・・・
本当に素人の浅はかさが恥ずかしいです
Posted by どやどやどやどや at 2012年03月02日 09:39
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。